スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せるびあ→くろあちあ

今クロアチアのドブロヴニクにいます。

セルビア(ベオグラード)→ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(サラエボ)→クロアチア(ドブロヴニク)と来ています。

おいしい白米が食べたいです。

やっぱり私は日本人なんだと強く感じます。

いろんな国のおいしい料理食べれるけど、米がない。

カンボジアの村にいるときよりも食事のストレスがあるんじゃないかと思ってしまうほどです。

やっぱ米ありきですね。


中欧と呼ばれるいろいろな国を周ってきました。

少し昔に内戦や紛争のあった国々です。

行く前のイメージは、重い雲、どんよりとした空気、荒れた道、建物、活気のない人々…などなど負のイメージを持ってきました。

が、全然違いました。もはやヨーロッパです。中欧の`欧"は伊達じゃないなと思いました。

首都しか周っていないというのも大きいかと思いますが、それでも想像をはるかに超えたヨーロッパの国々でした。

世界っておもしろい。


セルビアのベオグラード、ここも良かったです。清々しいです、天気が良いです。

そう、前述のイメージとの違いは、天気の良さも起因していると思います。

一度も雨降っていません。

トルコの天気や空気の方が自分の想像していたそれによっぽど近かったです。


で、ベオグラードからセルビアに向かう列車に乗ろうとした時のことです。

乗り遅れました。いや、そのつもりはなかったんですが(ある訳ないですが)、またやってしまいました。

理由は時差でした。

目覚ましをセットし、朝起きて、駅に到着して、電車に乗ろうとするまで全て1時間遅れでした。

駅員さんに、これがセルビア行きの列車だよね?って聞いて、

違うよ、もう行ったよって言われた時は、

早く行っちゃうこともあるんだ。それはよみ切れないよ、仕方がない。おれのせいじゃない。くらいに思っていました。

でも時計を指差してました。見ると自分の思ってた時間より1時間進んでました。

自分の持っている時計を2回確認しました。

周りにいたひと二人に今何時?って聞きました。

町のでっかい時計塔も見ました。

そこでようやく時差だ!って理解しました。

自分のミスじゃないって思ってたのに、完全に自分のミスでした。

不思議なのは2日間も居て1度もそれに気が付かなかったことです。

のんびり、のびのびし過ぎでしょうか。。


でもいろいろな失敗をしてきた私。

すぐに払い戻しをして、バスに乗って、きちんとその日のうちにセルビアに着くことが出来ました。

うん、成長してる。


到着したセルビアでも予約した宿が見つからず、いろんなバスや路面電車に乗せられ、1時間歩き回りました。

聞く人聞く人違うこと言う。19時に着いて22時まで宿探し。でも見つけました。

うん、成長してる。


宿の予約をしないでその場で見つければ?場所だけおさえておけば?という疑問は自分にあるのですが、ここでは触れないことにします。


失敗の度に勉強だ、これも含めて楽しい道のりだとか言われてきました。そうなんだ。って納得するように思ってきました。

でも多すぎます。全ての失敗を一度経験しなければ先に進めないような人間なのでしょうか、私は。

人のふり見て我がふり直せ。って小学校4年生の時の担任の先生がよく言ってました。

一を聞いて十を理解する人間になれ。って上司に言われてきました。

…全然ダメですね。


めげずに頑張ります。


セルビアでは第一次世界対戦が始まるきっかけになった場所を訪れました。

DSC05031_R_R.jpg

この橋でオーストリア・ハンガリー帝国の皇太子夫妻が銃撃されたことがきっかけで、ヨーロッパ中、世界中で戦争がおき、世界大戦となったようです。

無知で歴史に興味が無く、小学校の歴史のテストでさえ満足に点数を取れないであろう私が、興味を持ち、調べました(ウィキペディアですが…)。

これからもジャンルを問わず、興味を持つきっかけになるような場所を訪れていきたいと思います。


写真です。
セルビア、ベオグラードです。
DSC04939_R_R.jpg
こちらはドナウ川です。まぁ普通の河です。

DSC04947_R_R.jpg
道端でスプレー使って絵を描いてました。

DSC04956_R_R.jpg
急にみんなで踊り始めました。

DSC04959_R_R.jpg
道行く人も混ざってました。

DSC04965_R_R.jpg
美人も混ざってました。

DSC04966_R_R.jpg
髪がナイス。

DSC05007_R_R.jpg
なにか忘れましたが公的な場所です。
そんなところがこんなんです、良いですよね。

続きましてボスニア・ヘルツェゴヴィナ、サラエヴォです。

DSC05017_R_R.jpg
よくある風景、おしゃれです。

DSC05015_R_R.jpg
お昼もいいですが、

DSC05049_R_R.jpg
夜もいいです。

DSC05044_R_R.jpg
仲良し。

以上です。
ではまた。
スポンサーサイト

ぎりしゃ→せるびあ

今朝セルビアの首都ベオグラードに着きました。
聞いていた以上にずっとキレイな、面白そうな町です。

ここまでの経路は

ギリシャ(アテネ→テッサロニキ)→ブルガリア(ソフィア)→ルーマニア(ブカレスト)→セルビア(ベオグラード)です。

ざっと感想と出来事を。


まずギリシャ。

アテネは経済破綻のせいか、ヨーロッパの町並みに期待している自分がいたせいか、汚く、荒れた町に感じました。

閉まっている店が多く、町全体に活気がない感じです。

一本入ると廃墟、汚い落書きが目立ちました。

アクロポリスの丘のパルテノン神殿、ゼウス神殿はまあまあでした。

テッサロニキという町もそこそこな感じ。

日曜だったので人は多かったです。海沿いをのびのび散歩しました。


で、ブルガリア。

ギリシャの町並みに少しがっかりしていたせいか、想像以上に良かったです。

よーろっぱ!って感じでした。

人気ブロガーのユウヤさんに会い、1日一緒に行動しました。

やっぱ面白いこと書く人は、面白い行動してました、クラブに行って飲みすぎました。

楽しいブログなので暇だったら見てみてください。

ゆうやさんのブログ 「鍋は人生の縮図である」  


で、ルーマニア。

初めて脅され、騙されました。

悔しかった、いや、今も悔しいです。

タクシーの運ちゃんとグルのおじさんでした。


今考えるといろいろ回避するポイントは沢山ありました。

もっと闘えば被害は少なかったと思います。

そもそもの原因は、自分の準備不足と宿の見つかりにくさです。

その後宿に着いた人達もみんな「探しにくい、看板くらいあれよ」って文句言ってました。

次からはもう少しメジャーな宿を予約しようと思います。

地図はある程度きちんと把握してから到着しようと思います。


そして闘う意志をを持ちます!


で、ルーマニアの町並みはというと、

お城みたいなごっつい建物が沢山あります、おしゃれでした。

公園が沢山あります、良い感じで散歩できました。


写真です。

DSC04810_R.jpg
ギリシャのパルテノン神殿、迫力はありました。ただ・・・

DSC04817_R.jpg
ガッツリ修復中でした。まぁ世界遺産の建物ってこういうこと良くありますよね。。

DSC04841_R.jpg
ゼウス神殿、これは神殿というより・・・大きな柱でした。
もっとギリシャ神話について知っとけば更に面白かったんでしょうが。。

DSC04900_R.jpg

DSC04872_R.jpg
ブルガリアのアレクサンダーネフスキー教会、きれいでした。

DSC04884_R.jpg
町並みもいい感じ。

DSC04911_R.jpg
ルーマニア、国民の館、でかいです。

DSC04917_R.jpg
町並みとお城みたいな建物。

DSC04932_R.jpg
公園にジム的なアスレチックがあります、さすが体操王国。


大相撲の優勝争いが気になって気になって仕方ないですが、初心に返り、気を引き締めて旅行を続けます。

鶴竜の優勝はまだ早い!!

ではまた。

とるこ→ぎりしゃ

お久しぶりです。

既にカンボジアが恋しいです。

英語を話そうとしてクメール語がでてきてしまう時、

トルコの通貨リラとカンボジアの通貨リエルを間違ってしまった時、

町の子供の笑顔を見て村の子の笑顔を思い出す時、

ふと一人になるとカンボジアのことを考えていたりします。

離れて分かった自分の心に大きくしみついているカンボジア。

思ってた以上にカンボジアのこと、村のこと、好きになってたみたいです。


ただ、まぁこれかたも自分の旅行は続くので、しばらくは我慢です。

少し成長して、少したくましくなって、笑顔で会えたら良いなと思ってます。

クメール語、少しでも忘れないようにしないとな、と思っています。


今私はというと、楽しかった、美味しかった、綺麗だったトルコを後に、今日ギリシャに到着しました。

カッパドキアの後はパムッカレという町で石灰の山を見てきました。

前の町のカッパドキアで雪景色を見ていた私にとっては、同じ様な白くて大きいもの、

正直ぱっとこない、見慣れた光景でしたが、温泉の流れる石灰の山を裸足で歩くのは新鮮でした。

そしてパムッカレでは、パラグライダーをやってきました。

もちろん人生初。

今まで味わったことのない感覚、景色。

飛びました。

鳥でした。

最高でした。


その後、エフェスという町で遺跡を見て、

サフランボルというこじんまりした良い雰囲気の町で散歩して、

再びイスタンブールに戻りました。

で、3日間だらだらしながら今後の予定を立ててました。

今後は電車、バスで北上していろんな国通って3週間くらいドイツのベルリンまで目指します。

せかせかした行程ですが、のんびりするとだらだらしてしまう自分としては、急ぎ足でまわった方が良さそうです。

ドイツはゆっくり見たいので、オランダ、ベルギーと合わせて3週間。

スイス、イタリアで10日間、高そうなので。

イギリス、フランスはロンドン、パリだけで良いかなと思ってるので3日間ずつ。

スペインはモロッコにもいきたけれど2週間。

で、トルコ戻ってカッパドキアで気球とバイク乗って、タイに戻って、カンボジアです。


あくまで予定です。チケットも何もありません。

お金、体調、気持ち、ハプニング等で変更、終了十分あります。


予定考えてる時、なんて幸せな時間なんだ。

こんな楽しくていいのか?ウキウキしていいのか?と思いました。

今自分がここにいる意味を考え、理解し、

ここにいるために、いられるために協力してくれてる人、応援してくれてる人に感謝し、

全力で楽しみます。



写真です。

DSC04552_R.jpg
パムッカレの石灰棚、天気もぱっとしません。

DSC04632_R.jpg
パラグライダー、お友達が飛ぶ時です。

DSC04660_R.jpg
パラグライダー中の1枚、足のしたに遺跡群が、最高。

DSC04677_R.jpg
エフェスの遺跡、なんかいい。

DSC04686_R.jpg
これもエフェスの遺跡、美しいです。

DSC04712_R.jpg
サフランボルの街並み、大好き。

DSC04711_R.jpg
坂が多いです、味があって素敵。

以上です。ではまた。

トルコ×いいとこ×本当に

まずはご報告、2月29日朝、無事トルコ着きました。
トルコ行きの飛行機に乗った瞬間「よっしゃ!」ってなりました。

現在の私ですが、全くもって普通に観光しております。
トルコ最大の都市イスタンブールでは、きれいな建物を見て、おいしいご飯を食べて、良い雰囲気の街を散歩しました。
トルコ観光の目玉カッパドキアでは、ツアーで要所を見て回りました。自然の偉大さを感じました。気球も沢山見ました。

順調に観光している私ですが、思ってたのと違うことが少しありました。
一つ目はカッパドキアの寒さと雪でした。
レンタルバイクで回るはずがムリでした。
気球も強風で、飛んだり飛ばなかったりで、断念しました。
いろいろな景色も雪でした。
ただ、これはこれで、すごく素敵でした。
もう一つは日本人の多さ。
大学生が卒業旅行ですごく多いです。
若いです。
いろいろ話しますが、要所要所に世代の差を感じます。
でも、楽しいです、若いし。

という感じで極々普通に観光しております。
「ここが良かった!」「ここ好き!」とか、美しい建物見て「きれい」、壮大な景色を見て「すごい」とかを書くのが苦手なので特に書くつもりはありません。
写真を載せるのでそれで御容赦願います。

ただ、トルコは本当に良い国です。
今のところこのヨーロッパ旅行の締め括りは、またトルコだな。って思ってます。カッパドキアのバイク、気球のリベンジを含めて。

写真です。
イスタンブールの建物です。

1DSC04280_R_R.jpg
ブルーモスク、寒空と青が似合います。

2DSC04279_R_R.jpg
中です、落ち着きます。

3DSC04354_R_R.jpg
アヤソフィア。

4DSC04337_R_R.jpg
中です、豪華です。

5DSC04285_R_R.jpg
地下宮殿、良かったです、好きでした。

続いてカッパドキアです。

6DSC04400_R_R.jpg
まずは雪景色です、思ってたのと違いました、でもきれいです。

7DSC04524_R_R.jpg
これぞカッパドキア。

8D8SC04410_R_R.jpg
ウチヒサルとピジョンバレーとハト、いい感じでした。

9DSC04465_R_R.jpg
これもカッパドキア。

10DSC04527_R_R.jpg
これがカッパドキア。

11DSC04547_R_R.jpg
これでカッパドキア・・・気球、乗りたかったです、5月末リベンジです。

明日からはパムッカレという白い場所に行ってきます。
それではまた。
プロフィール

あにじゃ

Author:あにじゃ
いのうえあにじゃです。
ボランティア精神は20%
充実した生活、将来の酒の肴のネタ作り、その他いろいろ不純な・・・
とにかく2年間海外で頑張る予定です。
よろしくどうぞ。
(2011年4月)

(2011年8月)
ボランティア精神は…既に…ないのか?
逆に村に住まわせてもらって、貴重な体験をさせてもらってます。って感じることの方が多いです。
家の人の迷惑にならない様に、出来る限り家事、畑仕事を手伝ってます。
が、学校が休みに入ってからの畑仕事、田植え…正直しんどいです。。
今のところ何とか頑張ってます。
これからもよろしくどうぞ。

2011年12月現在の今後の予定。
2011.11月~2012.01月末 
 カンボジア滞在(学校管理、村、稲刈り、学校建設)
2012.02月~2011.04月末
 ヨーロッパ周遊
2012.05月~2012.08月中旬 
 カンボジア滞在(学校管理、村、田植え)
2012.08月中旬~2011.9月末 
 中央アジア及び中東周遊
2012.10月~2013.1月末
 カンボジア滞在(学校管理、村、稲刈り)
2013.2月~2013.4月末 
 南米、アメリカ周遊
2013.5月~2013.7月中旬 
カンボジア滞在(学校管理、村、卒業式、お別れ)
2013.7月日本帰国
てな感じです。頑張れたらよいと思ってます。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
自分の住むトロペアントム村や学校の詳細はこの人たちのブログの「IKIIKISCHOOL」を見てください。
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。