スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産まれてた×新しい命×その名前

8月14~8月22日の村への滞在を終えてきました。

それはこの滞在の前日、13日の夜、
私がタケオゲストハウス(町での滞在先)で出会った人達に、自分が見てきたカンボジアについて熱く語っているときでした。
新しい命が誕生していました。

14日の早朝、田植えの予定があり6時前に町を出発。
いつも通り途中のプォの市場で買出しを済ませ、再出発。
家が見えてきて思ったことは、「人がいない、もう田植えに行っちゃたのかな?遅刻?」でした。
到着してバイクから降りるなり、家の中から村長さん登場。
「昨日の夜に赤ちゃん産まれたよ、男の子だよ」
!!!…予定より1ヶ月以上早い。
「赤ちゃんは?」
「シェムリアップの病院だよ、今日中に戻ってくるよ。田植えは今日はやらないよ。」
予期せぬ出来事に戸惑う自分。
しばらくは
「えぇ~」産まれたの!の、驚き。
「おぉ~」産まれたか。の、喜び。
「あぁ~」産まれたかぁ。。の、そこに居られなかった悲しみ。
ばかり言ってたみたいです。後から近所の子供に真似されてバカにされました。。

少しして村長さんは迎えに行くといって出かけました。

で待つこと6時間…。
まず、村長さんと奥さんが戻ってきました、赤ちゃんを連れて。
小さい、可愛過ぎる。
聞くと3100gと少し小さめ。

そして、それから2時間、若夫婦も無事帰宅。
娘さんはかなり疲れている様子。
その後1週間、自分がいる間は高床式の家の床下(1階?)に簡易的に作られたベッドからほとんど動くことはありませんでした。
赤ちゃんも床下に作られたハンモックからほとんど出る事はありませんでした、授乳と産湯の時以外は。
なのでダンナさんも床下で寝ることに。
ダンナさんには、蚊帳もゴザも無いので日を追うごとに疲れていくのが分かりました、クマの濃さで。

初授乳は上手くいかなかったらしく、1歳半の子供を持つお姉ちゃんが代わりに授乳してました。
2日目からは上手く出るようになったらしく自分の乳であげてました。
それ以外の赤ちゃんの面倒は村長さんの奥さんがほとんどしてました。

日本の出産事情もほとんど分かっていない自分ですが、少し知ることが出来たカンボジア出産事情です。
まず村の住人も病院で産んでる人が多い。
これは正直以外でした。てっきり近所のおばちゃんたちで取り上げるのかと…。
そういえば「子供が出来たら病院に行こう」というパンフレット的なものも良く見かけていました。
少し前(どれくらい前かきちんと理解できませんでした)までは村の中で取り上げていたらしいですが、
失われてしまう命もあったようです。

そして妊娠中の通院と産後の入院、つまり病院に行く回数。
これはお金のあり方に直結しているようです。
自分が滞在中の約3ヶ月は病院に行ってる様子はありませんでした。
というかずっと一緒に畑仕事してました。
産後の入院もお金がかかるからと、断って家に帰ってきたと言っていました。

出産直前の病院への交通手段はバイク。
ダンナさんはゆっくり、慎重に3時間かけて病院まで行ったといってました。
これは仕方が無いけれど、本当に大変な事なんです。。
村に行ったことのある方はご理解いただけると思いますが、あの悪路。
きちんと衝撃吸収バッグに入れていた自分のパソコンが壊れてしまうくらいの。。
それを出産直前の妊婦が、おなかの痛む中…相当の負担になったと思います。

病院に行くきっかけは、お腹が痛かったから。
これしか理解できなかったです、ふざけてません、すみません。サムの通訳もきちんと使いました…。
破水や、陣痛ではなかったようです。
産む予定で病院に行ったのではなく、とりあえずお腹が痛むから病院行って、そしたら産まれたって感じのようです。

妊娠期間は10ヶ月という(日本と同じ?)目安はあるようですが、日本ほど何月何日というしっかりとした予定日はないようで、
産まれる時に産まれると言ってました。
ちなみに今回の赤ちゃんは9ヶ月だそうです。

以上、少ないですが今現在の情報です。
なにぶんダンナさんの分も頑張ろうと、毎日、一生懸命畑仕事をして余裕がありませんでした。
その甲斐あってか、家の畑は全て植え終わりました。
なので来週には、もう少し細かい情報をお伝えできると思います。
また、こんなこと知りたい。みたいな質問があったらコメントでお願いします。
少し時間かかるかもしれませんが、きちんと聞いてきます。

そして嬉しかったこと。
それは赤ちゃんの名前。
日本でも親と同じ漢字を使って命名することがあるように、カンボジアでも兄弟、親子で似た名前をつける事が多くあります。
たとえばタケオゲストの家族はラジャナが長女でラジャニが次女。長男タカダー、次男タカデー、三男タカドゥー、四男ヘイヘイ?
村でもティン、ティア。ンター、ンターン。ムッ、ヌッ。ミロー、ミローム、ミローン。などなど…。
で、赤ちゃんの名前は「リアサー」。
お父さんの名前はリアン。
僕はスヨシー、アニーサー。
この子の名前は、お父さんの「リア」ン、僕のスヨ「シー」、アニー「サー」からつけたんだよて言ってくれました。
嬉しかったです。
畑仕事も頑張れました。
ただ、ニックネームの「あにじゃ」がカンボジア人発音できないから「アニーサー」って…良いのかな。。
アニーサーってオレのきちんとした名前だと思ってるんだろうな……そうしておこう。。

何はともあれ村長さん54歳、奥さん52歳にして10人目の孫。
子供7人、それぞれのダンナさん、奥さん、孫10人、総勢26人の大家族、+オレ。
次女のダンナさんがタイに出稼ぎに行っている以外はみんな割と近くに住んでいて、何かある度に村長さん宅に来ます。
家族の繋がりがとても強い、良い家族。
そんな中で生活させてもらってる喜びを改めて感じることができた、新しい命の誕生。
これからもいろいろ経験してお伝えできるように頑張りますので、どうぞよろしく。


写真です。
今回はやっぱり赤ちゃん。説明不要ですね。
DSC00484.jpg

DSC00473.jpg

DSC00477.jpg

DSC00422.jpg

DSC00573.jpg

今週はここまで、それではまた来週。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あにじゃ

Author:あにじゃ
いのうえあにじゃです。
ボランティア精神は20%
充実した生活、将来の酒の肴のネタ作り、その他いろいろ不純な・・・
とにかく2年間海外で頑張る予定です。
よろしくどうぞ。
(2011年4月)

(2011年8月)
ボランティア精神は…既に…ないのか?
逆に村に住まわせてもらって、貴重な体験をさせてもらってます。って感じることの方が多いです。
家の人の迷惑にならない様に、出来る限り家事、畑仕事を手伝ってます。
が、学校が休みに入ってからの畑仕事、田植え…正直しんどいです。。
今のところ何とか頑張ってます。
これからもよろしくどうぞ。

2011年12月現在の今後の予定。
2011.11月~2012.01月末 
 カンボジア滞在(学校管理、村、稲刈り、学校建設)
2012.02月~2011.04月末
 ヨーロッパ周遊
2012.05月~2012.08月中旬 
 カンボジア滞在(学校管理、村、田植え)
2012.08月中旬~2011.9月末 
 中央アジア及び中東周遊
2012.10月~2013.1月末
 カンボジア滞在(学校管理、村、稲刈り)
2013.2月~2013.4月末 
 南米、アメリカ周遊
2013.5月~2013.7月中旬 
カンボジア滞在(学校管理、村、卒業式、お別れ)
2013.7月日本帰国
てな感じです。頑張れたらよいと思ってます。

最新記事
月別アーカイブ
リンク
自分の住むトロペアントム村や学校の詳細はこの人たちのブログの「IKIIKISCHOOL」を見てください。
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。